Just another WordPress site

*

選抜高校野球2019年の優勝候補を紹介しますね!

あなたの予想と照らし合わせてみてくださいね。

選抜高校野球2019年の優勝候補【第一位】

 
大会屈指の好投手がいる奥川恭伸投手がいます。昨年、唯一、2年生で選出された左腕で150キロの速球は投手です。また、小学校よりバッテリを組んでいる房役でチームのキャプテンの山瀬慎之介選手もおります。奥川選手の他にも寺西成騎投手もおり、投手もメンバーが揃っています。打撃陣も知田爽汰選手、内山壮真選手など1年生が強力です。昨秋の神宮大会では準優勝、北信越大会は優勝と星陵高校史上最強のチームともいわれています。

選抜高校野球2019年の優勝候補【第二位】

 
昨年の夏の大阪予選大会も大阪桐蔭に敗れたものの大阪桐蔭を苦しめたチームが履正社高校、新チームとなり、秋の大会でも大阪桐蔭を破り、近畿大会でもベスト4と力をつけてきています。打撃陣では、4番の井上広大選手を中心に力強いバッティング見せる小深田大地選手や捕手の野口海音選手もおり、打撃陣は強力な打者が揃っています。投手では、最速145キロの速球と安定した投球をするエースの清水大成選手がやってくれるのではないかと思います。

選抜高校野球2019年の優勝候補【第三位】

 
広島県大会、中国大会を制した広陵高校、なんといっても安定した投手陣がいるのが強みではないかと思います。広陵3本柱の1人目は最速148キロ右腕・河野 佳投手、2人目は角度ある投球フォームから140キロ台の速球とカーブを投げ込んでくる左腕・石原 勇輝、3人目は独特の角度から140キロ台の速球を投げ込む森 勝哉とこの3投手で継投をしながら相手打線をどのように防いでいくかが注目です。豊富な投手陣のもと勝ち上がっていくのではないかと思います。

選抜高校野球2019年の優勝候補【第四位】

 
選抜は初出場となりますが、秋の北海道大会を制して、明治神宮大会でも優勝したチームです。北海道勢の明治神宮大会の優勝は2005年の駒大苫小牧以来となり、明治神宮の勢いを選抜へとつなげてもらえればと思います。中学より同じチームで硬式野球を取り組んできている選手が多く、チームワークや結束力は強いのではないかと思います。チームの中心はエースで4番の西原健太選手です。彼を中心に投手陣も打撃陣も繋いで勝ち上がっていくのではないかと思います。

選抜高校野球2019年の優勝候補【第五位】

 
秋季愛知県大会及び秋季東海地区大会を制した東邦高校。春の選抜で5回目の優勝を目指している東邦高校は打撃陣が強力です。その打線の柱になるのは、高校通算37本塁打をマークしている石川昂弥選手になります。本来はサードを守っている石川選手ですが、チーム事情で投手をすることもあります。石川選手を中心とした打撃陣が打って勝ち上がっていくチームなので、石川選手とともに他の投手が投手力が底上げしてくると勝ち上がっていくのではないかと思います。

選抜高校野球 優勝候補 2019年